島根の注文住宅・デザイナーズハウスは【株式会社いちい】

島根・出雲の【株式会社いちい】は安心の保障体制でお客様それぞれに合わせた注文住宅・デザイナーズハウスをご提案!おしゃれな一戸建て新築を建てるならご相談ください!

私たちの家づくり|デザイナーズハウス・注文住宅は松江・出雲のいちいへお任せ下さい。

私たちの家づくり

「長寿命」木の耐久性を活かす

木は、高耐久素材。
よく乾燥させて用いれば、1300年を経て立派に建つ法隆寺の五重塔のように
驚異的な耐久性を発揮します。ロイヤルSSS構法では、通気や結露防止など様々な対策を
実地することで末永く快適に暮らしていただける安心の住まいをお届けしています。

基礎パッキング工法

床下換気には、湿気を効率的に排出し、シロアリの繁殖や柱脚部の腐食を防止する「基礎パッキング工法」を採用しています。これは木造土台部分とコンクリート基礎の間にパッキンを入れて固定するもので、一般的な基礎切り欠き換気口に比べ、1.5~2倍の換気性能を発揮。また、同時に基礎の強度低下を防ぎます。

基礎防湿対策

床下からの湿気以外にも、家の耐久性を著しく損なう原因のひとつに、地面から来る湿気があります。基礎標準仕様であるベタ基礎は、鉄筋コンクリート板で床下全面を覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

防腐防蟻処理

大切な住まいを虫喰むシロアリ被害を防ぐために、地面から1m以内の木材には防腐防蟻性の高い樹種、もしくは薬剤塗布を施しています。人の健康に悪影響を与えない薬剤を使用しているので安心です。

2層防水構造

住宅において一番雨漏れしやすいのが、サッシ周辺です。株式会社いちいでは、水密性の高いサッシと防水透湿シートを使用し、さらにサッシ周辺部からの雨水進入を防ぐため、防水テープを用いて高い水密施工を行います。

透湿防水シート

台風や暴風雨により、万が一外壁から雨水が侵入しても、高機能な透湿防水シートを施工しているから安心、躯体まで雨水を通さない防水性、室内の余分な湿気を外へ逃がす透湿性を兼ね備えているので、結露を抑制し、壁体内の劣化を防ぎます。

ゴムアスファルトルーフィング

屋根の下地には、従来のルーフィングを上回る防水性・耐久性を持つゴムアスファルトルーフィングを全面に貼り、防水効果を高めています。

パッシブ通気工法

外気湿度と室内温度の差が大きい場合、壁体内では結露が発生しやすい状態となっています。もしも結露の発生が度重なると、木材を腐らせる原因となり、構造躯体の耐久性にも悪影響を及ぼします。株式会社いちいでは、この壁体内結露を防ぐため、外壁材と防水透湿シートの間に通気層を設ける「パッシ通気講造」を採用。これは、壁体内や小屋裏の空気が日射によって温まると上昇し、冷えると下へ移動するという自然の特性を利用したもので、壁体内に一旦、湿気が侵入してもとどまることなく外部へ排出することができます。これにより建物の内部結露を防ぎ、構造躯体の耐久性を飛躍的に向上させています。

「高強度」木の強さとしなやかさを活かす。

木は強くてしなやかな多機能素材。自然の素材でありながら、激しい地震にも耐える驚くほどの「強さ」を備えています。ロイヤルSSS構法では、さらにこの木の強さを活かす革新的テクノロジーを加え、地震に強い木造住宅を実現します。

地盤調査

巨大地震の際、構造躯体や基礎が強くても、それを支える地盤が軟弱では、建物に歪みや傾きが生じ、大きなダメージを受けてしまいます。株式会社いちいでは、建てる前に綿密な地盤調査を実施し、地耐力に適した基礎設計を行います。

鉄筋コンクリートベタ基礎

建物の基礎には、鉄筋コンクリートベタ基礎を標準採用。地盤との接触面積が広く荷重負荷が分散しやすいので、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がします。

垂木補強

軒桁と垂木を強固に緊結する、ひねり金物で、台風や暴風雨による屋根の損傷などの被害を、最小限に抑えます。

高耐震木構造

地震に強い木の家を建てるためには、柱と梁、筋交いをバランスよく組み合わせることが大切です。ロイヤルSSS構法は、独自のプランニングシステムで、偏心率(重さの中心と強さの中心)の差を綿密に計算し、一棟一棟しっかりチェック、筋交いの入った耐力壁を適切な場所にバランスよく配置して施工しますから安心です。

省エネテクノロジー

省エネ

ロイヤルSSS構法の住まいは、次世代省エネルギー基準や平成28年省エネ基準にも対応。CO2排出を抑えることができ、地球温暖化防止にも大きく貢献します。また、優れた断熱性能により冷暖房のランニングコストを低減し、室内温度差の少ない快適な住環境をお届けします。

Low-E複層ガラスサッシ

一般地域の断熱Low-E複層ガラスサッシは、2枚のガラスと空気層からなる3層構造による高い断熱性・気密性で、冷暖房効率もアップします。また、室内外の湿度差による結露の発生を抑えます。

シックハウス対策

株式会社いちいでは、人体に悪影響を及ぼすホルムアルデヒド低減のため、建具やフロア、キッチンや洗面化粧台の面材にいたるまで、すべての内装建材にJAS・JISが定めるホルムアルデヒド発散建築材料等級のF☆☆☆☆建材を標準採用しています。

合理的な荷積みで輸送時のCO2を削減

家づくりのシステム化や運搬時のユニット化により、材料の運搬回数を大幅に削減。また、一般的な金物工法などに比べ金物のでっぱりがない分、積み方にも余裕ができます。ロイヤルSSS構法は、合理的な荷積みでCO2排出を軽減します。

24時間換気システム

シックハウス対策により、2003年からすべての住宅に24時間換気システムの設置が建築基準法で義務付けられていますが、効率の良い換気は人の健康を守るだけではなく、建物においても乾燥や高湿度を防ぎ、耐久性を増すためにも不可欠なものです。家中の空気を24時間自動で入れ替えて、快適な空間を実現します。

次世代省エネ基準、平成28年省エネ基準に適合

ロイヤルSSS構法は、建物全体を、高性能断熱材ですっぽりと包み込んだ省エネ仕様。地球温暖化対策として制定された次世代省エネルギー基準を上回る性能を有する高気密・高断熱住宅です。エネルギー消費を抑制、冷暖房におけるランニングコストを低減するとともに、CO2排出を抑え、地球温暖化防止にも貢献できる住まいです。

長期優良住宅に適合

いいものを作り、きちんと手入れしながら長く大切に受け継いでいく。ロイヤルSSS構法は、国土交通省が推進する「長期優良住宅認定制度」に適合する住まい。資源やエネルギーの無駄遣いを減らし、世代を超えて住み継がれる長寿命の家づくりを実現します。
※「長期優良住宅認定制度」を受けるには、別途申請が必要です。

公的機関から木造合理化認定取得

ロイヤルSSS構法は、公的機関である(財)日本住宅・木材技術センターの審査を経て「木材合理化システム」として認定されています。家づくり全般の体制や、性能面、完成後の長期瑕疵保証や維持管理サービスなど、安心ブランドである証です。

ロイヤルハウス加盟店会住宅完成保証制度

工事を請け負っている加盟店に万が一のことがあった場合も、ロイヤルハウス加盟店会が保証書を発行し、建物完成まで保証します。

アフターメンテナンス

建物のお引き渡し後は、1ヶ月、3ヶ月、6ヵ月、12ヶ月、18ヶ月、24ヵ月の定期点検を実施。その後も、心のこもった地域密着サポートで、ご家族が安心して快適に暮らしていただけるよう、末永くしっかり見守って参ります。

地域に根差した家造り

株式会社 いちい は大工を中心とした職人集団からスタートいたしました。
宣伝広告を大きく行っておりませんでしたが、お陰様で様々な方面から仕事の依頼を頂き今日に至っております。
 
どうしたらもっと高品質な住まいを納得していただける価格でご提供できるだろうか。
どうしたらいろいろな住まいの悩み事を解決できるだろうか。
 
常により快適で安心できる空間をご提案できるよう、いちいは前進し続けます。

永年培った技術力

家づくりの専門家として、質の高い技術力と安心をご提供します。
私たちは、家づくりの専門家として、信用と信頼を大切に、責任感を持って施工しております。
経験豊富な職人におまかせいただくことで、質の高い技術と安心をご提供します。

ご要望にお応えする最適なご提案

お客様の立場に立ったご提案ができる、お客様のパートナーです。お客様のご要望と住まいの機能性が両立した家づくりをご提案します。
特に生活空間を大切に考え、時間とともに変化する環境も考慮しながら入念な打ち合わせを行います。
また、キッチンやお風呂などの設備はメーカーのショールームへ同行いたします。お客様の立場に立ち、プロの目で的確かつ最適なプランをご提案します。

豊富な実績とお客様との信頼関係

弊社の豊富な実績は、お客様との信頼関係の証です。
創業当時より、お客様ひとりひとりに真心を込めて接し、深い信頼関係を築くことを大切にしております。
その信頼があって、お客様からのご紹介や建設関連企業からのご依頼などを多数いただけるようになりました。

日本の風土に合った木造在来工法

四季を通じて快適に過ごすことができる木造在来工法。
弊社の工法は在来工法です。在来工法とは、土台や柱、梁などを用いて組み立てられる日本の伝統的な建築工法です。
別名在来軸組工法とも呼ばれており、建物全体が木を基にして建てられています。
日本の気候風土に合った工法のため、四季を通じて快適に過ごすことができます。地震の多い国ならではの地震対策も施しています。

家づくりの流れ

株式会社 いちいの家を知る

どのような家を建てたいのか、どんな暮らしをしたいのか、好みのスタイル、デザインなど、まずはイメージしながら資料を集めましょう。
このホームページの中の「いちいの家」をぜひご覧下さい。
また、実際の施工例もご案内しますのでお気軽にご相談下さい。

ヒアリング / 資金計画 / 土地探し

ヒアリング

いちいの家をご体感していただいた上で、これからのお家づくりに大切な内容をヒアリングします。
お客様が思い描いているお家のイメージ、こだわりをお聞きしながら、一緒に新しいお家へのイメージを創り上げていきます。

資金計画

お家づくりには目に見えない予算が発生する事があります。あらかじめ知っておくことで、お家のイメージや可能借入額、返済計画が見えてきます。

土地探し

お家を建てるには、まず土地が必要です。資金計画で土地への予算が具体的になってきたら、お客様と一緒にご希望のエリアの土地探しを行います。これまで弊社が培ったノウハウとコネクションで様々な物件のご提案をいたします。
また、現地調査にも同行して実際にお家が建ったときのメリット・デメリットをご説明いたします。

土地決定 / 基本設計申込

土地が見つかり、購入の意思が決まれば土地の申し込みを行います。売主に購入意思や要望を伝えたうえで売買契約を交わします。売買契約の際に登記内容や手付けの金額、支払い方法などを一緒に確認します。
ここから具体的な家づくりのプランが始まります。
「株式会社 いちい で家づくりを始める!」というお客様と二人三脚で進んでいくための「基本設計申込」を行っていただきます。

【必要なお支払い】
・土地代金(現金の場合)
・土地の手付金(ローンの場合)

プラン・お見積

「基本設計申込」をいただいたお客様を最優先に、実際のプランニングに移っていきます。
具体的な間取り設計から、外観イメージなどのプレゼンテーションを行い、ベースとなるプランを決定していきます。ベースプランが決まったら、概算見積りをご提出いたします。住まいが形になりはじめる大切な打合せの期間です。気がついたこと、ひらめいたこと、気になったこと、何でもお話下さい。
何度も打合せを重ねてよりご希望に添った間取りができるように検討します。

プラン決定後の流れについて

1.工事請負契約

図面・お見積もり・内容をご確認して頂き、ご納得いただけましたら工事請負契約を締結いたします。

申請書や構造図などを作成し、各関係機関に申請書を提出いたします。
またこの時点で契約金をお支払いいただきます。

2.地盤調査・地鎮祭

家作りの基本となる地盤調査です。専門家が正確に調査します。

地盤調査が終わると地鎮祭を行います。
お日柄の良い日を選び、関係者出席のもと、厳かに行います。

3.工事着工

いよいよ夢の実現に向けてスタートです。10年保証の検査も始まります。

4.上棟

木構造の組み立てを行います。それにより、住まいの全体像が見えて来るので、完成のイメージをしていただきやすくなります。

またこの時点で中間金をお支払いいただきます。

5.完成完了検査

工事の竣工、完成です!
専門スタッフにより細部にわたり完了検査を行います。

またこの時点で工事残金をお支払いいただきます。

6.お引渡し

待望のお引渡しです。入金確認・建物確認後にお引渡しを行います。

完成した住宅は、10年間の保証付。ここからが本当のお付き合いです。

安心の保証体制

制度に基づいた安心の保証。
お引渡しする新築物件について、住宅供給者は新築住宅に対して10年間、瑕疵担保責任を負います。
万が一、住宅供給者が倒産などでその責務が果たされないような事態に陥ったときのために、弊社の新築は国土交通大臣の指定する住宅瑕疵担保責任保険法人の住宅瑕疵担保責任保険に加入しております。

PAGE TOP