ZEHへの取り組み|デザイナーズハウス・注文住宅は松江・出雲のいちいへお任せ下さい。

ZEHへの取り組み

ネットゼロエネルギーハウスの推進

国のエネルギー政策の基本的な方向性を示すエネルギー基本計画では「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」ことが明確化されました。

私たち、いちいは、環境に配慮した住みよい住まいづくりをめざし、経済産業省が推進するZEH(ゼロ・エネルギーハウス)の普及を促進します。

ZEHとは?

住宅の断熱性能を大幅に向上させるために、高効率な設備システムを導入し、できる限りの省エネルギーを努めます。そして快適な室内環境を保ちながら省エネルギーを実現した上で、太陽光発電等の再生可能エネルギーによりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)でゼロ以下となることを目指した住宅のことをいいます。
弊社はZEHビルダーの登録に向け、以下の目標を設定します。

普及目標・実績

2016年度 2017年度2018年度 2019年度2020年度
目標 10%15%20% 25%
実績 0% 5%-- -
※平成28年度:住宅総建築数28戸
※平成29年度の補助金額:1棟あたり75万円(9700棟分)

具体的なZEH普及策

周知・普及に向けた具体策

ホームページやチラシ、パンフレットでZEH住宅への弊社の取り組みを明確に掲示します。
お客様にZEHへ興味・関心ををもってもらえるように、ZEH住宅を建てるメリットが分かりやすく表示した資料を準備します。

コストダウンに向けた具体策

基本設計段階から、効率よくエネルギーを使用できるようにプランのコンパクト化を図ります。
建設する敷地の条件について十分に検討します。
太陽光や自然風を活用することによって、エネルギーを極力使わないプランを心がけ、住宅の省エネ化に努めます。

その他の取り組みなど

建材メーカーや建築関連団体のセミナーや各種見学会に参加し、最新の情報を取り入れ、効率の良い資材を採用することで住宅の省エネ化、建築の低コスト化を図ります。
ZEH住宅の具体的な施工例を実体験してもらう事により、お客様に情報を提供し普及の推進を目指します。

PAGE TOP